鳥取県鳥取市・新築・リフォーム・建築・設計・施工

文字サイズ
 
 
木に触れる暮らし

木に触れる暮らし
 
 
 
 

 

毎日の暮らしの中で、自然と体が触れている床材。

 

日栄住宅ではその床材に、無垢材をおすすめしています。

 

鳥取の木、日本の木、世界各国から

 

あなたの肌にぴったりと合う木をお届けします。

 

 

無垢の床材の特徴
 

 

無垢の床材とは、天然の木を床材にしたもの。

 

見て、触れて、住んで、共に過ごすことで深まる味わいは

 

無垢の床材ならではの特長です。

 

 

見て

 

木目の癒し効果

 

毎日の生活の中で何度となく目に入る木目が

 

住む人の気持ちをリラックスさせ

 

ほっとする安らぎの時間を運んでくれます。

触れて

 

あたたかさ

 

無垢の床材に触れると、人肌のような

ほんのりとしたあたたかみを感じます。

 

踏み応え

 

無垢の床材の上を素足で歩いてみると

やさしい踏み応えを感じます。

 

暮らして

 

天然の香り

 

無垢床材は、木が本来持っている香りが

そのまま活きています。

 

調湿作用

 

無垢の床材は、まるで生きているように呼吸しています。

湿気が多いと水分を吸収し、乾燥すると発散します。

 

 

経年変化 味が出てくる

 

無垢の床材は、使い込んで時間が経つほどに魅力を増していきます。

 

色が濃くなったり、薄くなったり、丸みが出たり、艶が増したり…

 

木の種類によって年の取り方もさまざま。

 

この経年変化こそが、無垢と暮らす醍醐味と言えるでしょう。

 

 

 

 

人気の樹種をご紹介します。

 

無垢の床材といっても、さまざまな樹種があります。

 

木目や色、かたさなど

 

あなたの暮らしにあった木をみつけてください。

 

 

カバ桜
主に寒冷地に育つカバノキ科の樹木です。柔らかな木目と、部分的にキラリと光る放射杢を持つのが特徴です。
 
ナラ(オーク)

オークはブナ科コナラ属の総称。日本語では落葉樹はナラ(楢)、常緑樹はカシ(樫)と呼ばれ、昔から馴染み深い木材です。虎斑(トラフ)が出るのが特長です。

 
ウオールナット

ウォールナットはクルミ科の広葉樹。滲んだ墨絵のような雰囲気があり、この独特な深みのある色合いが家具・楽器・彫刻など装飾性の高い多様な用途を生んでいます。

 

 

チーク
重厚感に満ちた表情と色合いが人気のチーク。古くから、船の甲板に使われるなど、その優れた寸法安定性と耐久性には定評があります。
 
唐松
日本では、北海道から東北、本州中部の寒冷地における重要な造林樹種です。北海道では戦後の拡大造林政策によって広く植林されました。耐水性や強度に優れる唐松は、土木用材や土台などの建築用材に活用されていますが、くっきりと浮かび上がった木目とその風合から、内装材としても根強い人気があります。
 
 日本人にとって古くから馴染み深いスギは、その温もりや心地良い香りなどにより、今なお根強い人気があります。空気層が厚く、保温性、断熱性に優れているスギは、人の体温を奪いません。