鳥取県鳥取市・新築・リフォーム・建築・設計・施工

文字サイズ
 
 
土台となる地盤と基礎のお話し

土台となる地盤と基礎のお話し

せっかくの一生の家。
その土台となる地盤と基礎についてぜひ一緒にお考えください。

マイホームを建てるとき、地盤のこと、どれだけご存じですか?

軟弱な地盤や新しい造成地での住宅建築による不同沈下のトラブル(左図参照)は後をたちません。せっかくの住まいが台無しに・・・そんなとき、一体誰が責任をとってくれるでしょう?


日栄住宅では、地盤調査を行い、お客様のご希望により「10年保証の地盤損壊保証制度(Gメン)」に加入することもできます。
Gメンとは、不同沈下などによる地盤の損壊と、地盤損壊にともなう建物の損壊を保証できるという、日本初の地盤調査と保証が一体となった制度です。


調査方法は、一般的にスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。地盤の解析結果に基づき、地盤補強工事が必要だと判断されれば、その上でどんな基礎にするかという選択をすることになります。

 

   
規約と手順はこちら<住宅地盤調査規約(10年保証付)>

建築をご検討の敷地を無料(サービス)で地盤調査いたします。

お問合せ下さい!

 

理想的な床下換気「Jotoキソパッキング工法」

日栄住宅で採用している「Jotoキソパッキング工法」は、

■床下全体をムラなく換気し、従来の工法に比べ、約2倍の換気性能を発揮します。

■コンクリート基礎と木質の土台を絶縁したため、腐れやシロアリを寄せつけません。

長期安心の『シロアリ補償』(10年間・最高500万円)が受けられます。

■風力換気と重力換気を活かした自然換気方法なので、メンテナンスも必要ありません。
 
■従来の、床下換気孔を設置する基礎と比べ、上端筋も切断しない為、より頑丈な基礎が構築できます。

 

 


 

 

日栄の家づくりに関するご質問などのお問い合わせや、
相談会・展示場見学の申込みはこちらからお気軽に。