鳥取県鳥取市・新築・リフォーム・建築・設計・施工

文字サイズ
 
お客様の声

お客様の声

 

住む人にとって本当に良い家づくりとは何でしょうか?お子様からお年寄りまで、すべての世代が快適な環境で永く暮らす為の住まい。それが私達の家づくりの原点。長年培ってきた技術・ノウハウ・経験を生かした研究の成果がここにあります。住む人が本当にご満足いただける家づくりを行ってまいります。
 

K様邸(鳥取市立川町)

私たちの家づくりは、急遽土地が見つかったところから始まりました。何となく家がほしいなと思っていたところから突然スタートしたため、自分たちの家づくりの構想は曖昧だったのですが、日栄のスタッフの皆さんには、しっかりと話を聞いていただき、打ち合わせを進めていく中で徐々に私たちの思いを引き出 してもらったように思います。日々の生活と関わる部分への要望にもきっちりと応えていただきました。「階段のかわいいニッチ」もお気に入りです。本当にあり がとうございました。最後まで安心してお願いすることができました。この家を舞台に、どんな風に私たちの家族の物語がはじまるのか、今からわくわくしてい ます。これからもこの家を通して、末長いお付き合いをお願いします。

ニッチのある家」



























 

T様邸(鳥取市商栄町)

健康に暮らせる家を建てたいと思っていたのですが、そんな折り、日栄さんの建てられたお宅を見る機会があり、主人が一目で気に入り、建てるなら日栄さんにお願いしようということになりました。建て替えを考えた当初は不安ばかりが大きいスタートでしたが、営業担当の上原さんや設計部の花田さんが納得のいくまで相談に乗って下さったおかげで、終わってみると不安はどこかへ行ってしまいました。工務担当の方をはじめ、猛暑の中を頑張って下さったすべての工事スタッフの皆さんに感謝しております。これからも良いお付き合いをお願いしたいと思っています。 

 

 

 

 

「健康に暮らせる家」



























 

M様邸(鳥取市河原町山手)

住みなれた場所で好きなものに囲まれて暮らしたい。  家は、毎日家族と一緒に過ごす所なので、いまの自分に正直に建てたいと思っていました。「ビルトインガレージで部屋から大好きな車が眺められたらいいな」「部屋ごとに段差をつけて、スキップフロアーにして変化が楽しめる個性的な家がいいな」「ペットも家族の一員だから、淋しくさせないようにしたいね」…。そんな思いで日栄さんに家づくりをお願いしたのですが、設計スタッフの方には、私たちのワガママや細かい要望までよく聞いてもらい、素敵なカタチに仕上げていただきました。決して足腰に優しい家とは言えませんが…(笑)。ふたりと一匹の犬にとっては自分たちの趣味が楽しめ、リラックスできる「憩いの家」となりました。 これから毎日、足腰を鍛えながら、楽しく暮らしていきたいと思います。

「好きな物に囲まれて暮らす家」





























 

F様邸(鳥取市湖山町) 

家の本や変わった家を見るのが好きで、夢ばかりが膨らんでいたのですが、いざ建てようとした時に、限られた敷地の中で予算は少ないのに希望は多いみたいなカンジで本当に理想の家ができるのか不安でした。
大きな窓に真っ白なタイル張りの浴室。天井近くまである室内扉。雨の日の部屋干しで一部屋つぶされないように狭くてもサンルーム。部屋にタンスを置きたくないのでウォークインクローゼットも必要…。一日の大半を過ごすだろうダイニングとリビングは2階にして明るく。子供といつも一緒にいられるように子供部屋はリビングの続き部屋に。
設計士の方に何度も相談にのっていただいて出来上がった「おうち」は私たちの希望が詰め込まれた理想の「おうち」でした。少し高台にあるのでベランダからの眺めは最高にいいです。恥ずかしながら僕の書斎?(ロフト)もあり大変気に入っています。私たちの小さな我が家に大満足です。

「りそうのおうち」



























 

K様邸(鳥取市賀露町)

「海を見ながら暮らしたい。」シンプルな動機から始まった日栄住宅さんとの家作りでしたが、打合せを進めていくうちに、家族の生活スタイルや将来のことなど、様々なことを見つめなおすきっかけになりました。おかげで完成したおうちは、毎日海が見えるだけでなく、家族全員にとって使い勝手がよく、そして、なにより暮らすことに「楽しさ」を感じられる空間となりました。

 

 

 

 

 

「海を見ながら暮らす家」

























 

A様邸(鳥取市東今在家)

家族も増えて家を建てる事を検討しようと思い、色んな住宅メーカーさんの見学会に行きましたが、ここだ!と思うところがなく「どうしよう~」と思っていたところ日栄のスタッフさんと知り合い、すっかり仲良くなってしまいました(笑)。いちばんの心配だった予算も設計さんと何度も相談しながら自分達の納得出来る内容となり満足しています。
何よりも、家づくりを楽しみながら出来てよかったなーと思いました。

 

 

 

 

 「陽あたりの良い家」

























 

I様邸(鳥取市

両親と話し合い、将来の同居の事も考えて自分の家を持つ事を決心しました。最初は家族ひとりひとりの希望は漠然としていてまとまりがありませんでしたが、日栄さんとの打合せの中でより具体的に、魅力的な計画が出来てきました。住むごとに日々目に入る太い柱が、家族を守ってくれているようで頼もしく感じています。南向きに大きくとったバルコニーは洗濯物もよく乾き、実用性抜群で大変満足しています!

 

 

 

 

 

 「太い柱の家」




















 

T様邸(鳥取市若葉台)

私達の理想の家とは..シンプル&ナチュラル。そして木の温もりを感じられる家。それがテーマでした。そして前から憧れていた南欧風な外観(洋瓦やテラコッタ張り)は、是非とも取り入れたいと思っていました。
住宅メーカーや他の工務店でははなく、日栄住宅さんに決めたのはその夢に一歩でも近づけてくれそう!と感じたからかもしれません。
子供が元気に遊び、夫は庭で土いじり..。そんな光景を思い浮かべながら今から入居できるのを楽しみにしている毎日です。
狭すぎず、広すぎず、ジャストサイズの家。家同様、シンプル&ナチュラル。そんな暮らし方をしたいなぁ~と思っています。

 

 

「シンプル&ナチュラル」



















 

Y様邸(鳥取市鹿野町)

間口が狭く、南北に細長い敷地でした。思い切って中庭に大きな窓をとり、家中に光を採りこみました。家族が一番長く過ごすリビング&ダイニングを2Fにプランし、ロフトのある楽しい空間となりました。狭い家ですが、夏はよく風が通り、冬は各階の蓄熱暖房機(クレダ)で家中がほんわか暖かいです。ガラス張りのバスルームも子供の様子がよくわかって安心です。プライベートを守りつつカーテンを開けたまま過ごせる明るい家になりました。

 

 

 

 

 

 「カーテンを開けたまま過ごせる家」

























 

 

 

災害に強くて快適な家をめざして・・

 

 
~「杉崎のおうち」の建築主さんから頂戴したメールをご紹介します~
 

 

 

子や孫が住み継ぐことのできる家づくり

家を建てる目的は、家族のためである。それ以外に何が必要だろう。
豪華な外観、見栄えのする和室、きれいな色のオシャレな壁・・・どうしても見える部分や設備、デザインに目が行ってしまう。でも、それは本当に家族のため?ローンが終わった後、家の耐久性は大丈夫?

家を建てたいと思い始めて17年。その間、北海道、姫路、大阪まで足運び、住宅展示場をまわった。

数多くの家や建築工法を見ていくと、家のことが少しずつ見えてくる。私の建てたい家も変わってきた。
そして、やっとたどり着いたのが、「災害に強くて丈夫な家」だった。
『家は、家族の命と健康を守る事が出来なければ意味がない。』
そんな私の理想とする家の仕様を工務店や住宅会社に提案すると、

「残念ですが、そのような仕様の家は建築出来ません。」と丁重に断られた。正直だと思った。

しかし、私の家に対するこだわりに最後まで対応してくれた会社があった。

地震、火事、水害、台風。このような災害に余裕を持って耐え、冬の厳しさ、夏の暑さを和らげてくれ、しかも健康に良い安全な家。家づくりにあたり、金銭的 制約がある中で、私とその会社のスタッフは「日本一、災害に強くて快適な家」をめざした。

快適で安全な家は、断熱材探しから始まった。
いろんな断熱メーカーの本社や技術部にもあたった。結果、日本にはなく、カナダのアイシネン社が残った。
「安全性、耐久性、性能」で選ぶとここしかなかった。

私はメーカーから、直接その断熱材を取り寄せマッチで火をつけてみた。燃えなかった。
施工後の計測値もQ値1.44W/m2k、C値0.28cm2/m2という結果だった。
北海道の次世代省エネ基準さえも、はるかに超える値だった。

耐震性は阪神淡路大震災の1.5倍の地震が起こっても倒壊しない性能となった。

鯉のぼりの竿が、子供部屋用に作った窓際のテーブルとなった。
旧宅の屋根裏で47年間眠っていたネズミ松の木が、2階のリビングに立てられた。

今、私は2階のセンターリビングに座っている。南、東、北、吹き抜け、の4方向から「光と風」を感じる。1階、2階のリビングが、この家のでもっとも居心地の良い部屋となることだろう。

打合せの為、早朝から深夜までお付き合い頂いた、営業の上原さん、設計の花田さん。
日の出とともに現れ、日没まで細部にわたり基礎工事のチェックをされていた北村さん。
真夏の屋根の上で瓦を一枚ずつ丹念に釘打ちされた石田さん。
驚異的な綿密さで現場の管理をされた柿ケ原さん。
37度近くの暑い日が続くなか、建前の準備に入り、釘の長さ、本数にさえもこだわり、最後まで大工の技を見せていただいた棟梁の君野さん。田中さん。大石さん。
他にもこの家づくりに携われた皆さんに、心より感謝。

たまには、皆さんの元気な顔を見せて下さい。きっと皆さんが建てた家も歓迎してくれる筈です。

最後になりましたが、私のこだわりの家づくりのために、困難な場面で多大なご尽力をいただいた、井手口専務にお礼申し上げます。


2005年11月1日 鳥取市杉崎 田中寿紀

 

⇒施工例はこちら

 

日栄の家づくりに関するご質問などのお問い合わせや、
相談会・展示場見学の申込みはこちらからお気軽に。